髪の毛が細い人や太い人などさまざまですが、髪質が異なるだけでハゲになる確率は同じです。ただ、以前より細くなったという場合や、1本の髪の毛で細いところと太いところがあるものが増えていった場合はハゲる前兆として早めの対策をするようにしましょう。髪の生成プロセスにおいて何らかの障害が生じている可能性が高いです。

髪の毛が細く柔らかい人の方がハゲやすいともいわれますが、実は太い人の方が変化に気づきやすく、早めに対策を打てるという利点があったりします。

髪の毛が細い人・柔らかい人の場合、剛毛の人と同じ本数であってもボリュームがなく見えて薄く感じられるという部分もあります。柔らかいためぺしゃんこになって貧相だったり。
もともとの髪質もありますが、できるだけハリやコシがある髪の毛に育てるためには髪に栄養がしっかりと届くように頭皮環境を改善してやったり、髪を成長させる成分が含まれた育毛剤をした方がよいでしょう。
シャンプーや食事内容の改善や、睡眠時間の確保・ストレスの緩和も頭髪に影響してきます。適度な運動も必要です。

しかし運動もやり過ぎはいけません。体を休ませる期間がないと逆に疲れてしまいます。

シャンプーをやらないのもいけませんが、やりすぎも必要な皮脂まで取り去ってしまいます。正しいケアを行なうことが重要なのです。

髪質が変化したかどうかを調べるには抜けた毛をチェックしてみましょう。健康な頭皮環境であれば成長を終えた毛が自然に抜け落ちます。太くしっかりした毛ではなく産毛のような毛が多く抜けていれば要チェックです。

また、一日に100本前後、季節の変わり目には200本前後抜けるとされていますが、自身の抜け毛がどれくらいになっているか排水溝に流れてきた毛の数を数えてみてもよいでしょう。

むやみに心配してストレスを溜めるのではなく、実際にどうなっているのか確認したうえで、その原因となる出来事を探り、きちんと対処することが大切です。

もっと詳しい情報を知りたければ「東京都内でおすすめの病院・AGAクリニック」もご覧になるといいと思います。